ここから本文です

JDDや藤田菜七子騎手参戦など今開催も盛り上がり必至! 7/11~15のTCK見どころ

netkeiba.com 7月10日(日)16時0分配信

 このTCK開催は、7月11日(月)から15日(金)までの5日間開催。13日(水)の第11レースには、南関東クラシック三冠目のジャパンダートダービー(2000m)が行われる。

 JRA・他地区からも豪華メンバーが集結するが、大畑雅章騎手が騎乗して東海ダービーを制した愛知のカツゲキキトキトが、今回は愛知のアイドル・木之前葵騎手が手綱を取ることでも話題を集めている(このコンビで重賞2勝)。人馬ともにTCKは初登場。

 ちょうどこの日の第9レースに実施されるJRA交流フォーチュネイトひまわり特別(1200m)には、藤田菜七子騎手がミヤコヴィグラス(美浦・菅原泰夫厩舎)に騎乗を予定している。こちらも人馬ともにTCKは初出走。

 TCKではもう何年も女性騎手は所属しておらず、この日はいつもとひと味違った雰囲気を堪能できそうだ。

 今年すでに170勝を挙げて、昨年に続いて南関東だけではなく地方競馬全体のリーディングに君臨している船橋の森泰斗騎手。地方通算1797勝(7月10日現在)で、このTCK開催中に1800勝が刻まれるのかにも注目したい。

 ジャパンダートダービーでは南関東クラシック一冠目・羽田盃馬のタービランス、7月14日の第11レースではJRA卒業生で移籍後11連勝を決めたキタノヘイローなどをエスコート予定だ。ちなみに、森騎手は戸崎圭太騎手と地方競馬の騎手学校時代の同期生。

 TCKでも2歳の新馬戦が毎開催行われているが、今開催はひと際目立つルックスの馬がデビューに向けて調整中だ。

 ストームフレイバー(大井・月岡健二厩舎)という2歳牡馬で、父がクロフネ、母はアドマイヤカグラ、母父がスペシャルウィーク、半姉にはアドマイヤナイトがいる血統。7月15日4レース(1400m)にスタンバイしていて、鞍上は坂井瑠星騎手の父・坂井英光騎手が騎乗予定。この華やかなルックスからも、TCKの人気者になって欲しい1頭だ。

(文:高橋華代子)

最終更新:7月10日(日)19時48分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。