ここから本文です

「小5で携帯電話」「読み聞かせ、覚えてる?」 “育児の正解”を答え合わせする

ITmedia Mobile 7月10日(日)11時25分配信

 成人した娘とその父が、(娘が)思春期だったころを回想しつつ本音で語り合う連載「育児の答え合わせ」。脳内で考えてはいたけどいえなかったあんなこと、つい口を滑らせて誤解された余計なひとこと、恥ずかしくていえなかった言葉を、少し照れながらも赤裸々に語り尽くします。

【画像】答え合わせする鈴木親子

 今回のテーマは「育児ポリシー」。過去数回で、職業観や結婚観に大きなズレがあることを確認しあった鈴木親子。価値観がやや異なるお父様の育児で育った娘さんが、実際に親の立場になったとき、どんなポリシーで育児をしようと思うのか?

 真逆の考え方で育てるのか、それとも意外に似たような考え方が根底にあるのか……を探るお話です。

<父(60歳)>
宇都宮在住で都内に勤務する実直な公務員。勤続42年で3週間後に定年退職を迎える。娘とは高校生のころからほぼ会話がない。

<娘(25歳)>
都内のIT系企業で働く社会人3年目のビジネスウーマン。高校3年時のある事件をキッカケに、父と会話が途絶えて今に至る。

●小学5年生で携帯電話

――自分が親になったときを想像してみて、どんな育児ポリシーで子供を育てようと思いますか?

娘 子供が求める環境は用意してあげたいけれど、親のエゴを強制はしたくはない。両親は私に押しつけをすることなく育ててくれたし、それについては感謝しているので、自分も我が子を見守りながら育ててあげたいと思う。

――親の夢を背負わせるようなことはしない?

娘 自分勝手な価値観なのは分かっているけど、英語ができるように育ててあげたいかな。英語ができれば、公私にわたって有利だって今まさに自分が感じてるところなので、特に。私は英語教育をちゃんと受けさせてもらっていたのに、全然身に着けることができなくて今思うと申し訳なかったなって感じてる。

父 英語は母さんの希望で習わせたんだったな……。父さんはべつににそうさせたかったわけじゃない。ただ見守ってただけだ。

娘 一人暮らしは許してくれなかったけど、携帯電話はわりと早く与えてくれたっけ。

父 ずいぶん一人暮らしのことを根に持っているんだな……(苦笑)。携帯電話は、プリペイド式で毎月1000円って上限を決めて、買ってあげたのは覚えている。

娘 小5で持たせてもらった。メール1通10円とかって時代だった気がする。

父 そんなに早かったか?

娘 そうだよ。学校や習い事の場所が家から遠かったせいだと思うよ。

父 母さんとお前で決めて買ったんだろ。

娘 そう。

父 持ってたのは知ってたけど、買った理由と経緯は知らなかった。まあ、生活上必要なものだし、べつになんの問題もなかったけど。

娘 中1でガラケーに買い換えてもらったんだ。当時(12年前)からしたら早いほうだったと思うけど、どうして持たせてもらえたのかな?

父 母さんに理解があったんだろ。父さんは支払い担当だっただけで、詳しくは知らないよ(笑)。

娘 そういえば、パパにはメールも電話もほぼしたことなかったよ。

父 「(迎えに)来て」って業務連絡しか受けた記憶がないよ。

――自分から(習い事等の)環境を要求したことはありますか?

娘 公文とかヤマハとか習い事が多すぎて、むしろ「やめたい」って文句を言ったことはある。しかも小学校が家から徒歩で30分以上かかって、移動時間だけでも大変だった。

父 そうだったんだ。

娘 時間がなくて友達と全然遊べなくて、習い事をするか、一人で本を読むしかできなかった。小学3年生のころはつらくて毎晩泣いてたけど、ママに「将来、役に立つから……」って説得されてしぶしぶ続けてた。パパは何も言わなかったね。

父 教育に関しては口出ししなかったな。父さん自身が勉強の仕方が分からないんだから、偉そうに命令はできないって思ってね。

●寝る前に読み聞かせしてくれた思い出

娘 この数年はパパと私は会話がなかったけど、小学生のころは布団で読み聞かせしてくれたよね。

父 うん、なんとかっていう教育玩具を寝っ転がって読んだっけ。

娘 『ねんねの前は、かまってチョ!』ってのを読み聞かせしてくれたよ。部屋を暗くして、天井をスクリーン代わりにしてプロジェクターで映すスライド式の絵本、覚えてる? 寝室の天井に白い布をわざわざ貼って、お話してくれたでしょ。

父 覚えてたんだ?

娘 覚えてるよ。ソフトをいろいろ入れ替えたり、ディズニーの物語をそれで見たりしたの、楽しかったよ。

父 そうだった、読んだ読んだ。

娘 パパって、日曜大工が得意でさ、本棚とかテレビを乗せる台とか、家族に隠れてコソコソいろんな家具を作ってくれるよね。

父 ほ、ほかにやることがないだけだよ……(苦笑)。

●自分の育児ポリシー、どうする?

 今回はここでちょっと(まだ独身の)娘さんにご自身が親になった姿を想像してもらい、「自分が受けた育児をふまえて子育てするのか」、あるいは「反面教師にして別のスタイルを考えているのか?」の育児ポリシーを伺ってみました。

 以下、娘さんへの一問一答です。

Q1:「習い事をやめたかったけど、説得されて続けていた過去」を振り返って、自分ならどうする?

 私も、子どもには「ただ嫌だから。つらいから」という理由で習い事を辞めさせたくはないと思っている。でも、習い事を通わせる労力とかを考えると、「本人が嫌って言ってるし、自分も送り迎えとかつらいし、辞めさせちゃおうかな……」なんて流されそう。その点、「将来、役に立つから……」と根気強く通わせたママは今思うとすごいと思う。

 「将来、役に立つから」って、小学生のころは全然意味が分からなかったけど、今だから分かる。あの時、私の言う通りに辞めさせてくれなくてよかった。

Q2:携帯電話について、あるいは読み聞かせについてどう感じていた? 自分は我が子にどう接する?

 読み聞かせはたくさんしてあげたい。なぜか小さいころの思い出を振り返ってみると、読み聞かせしてもらったシーンがよみがえる。絵本の表紙とか、弟と一緒に寝転がって読み聞かせしてもらいながら昼寝したこととか。そして、それがすごく楽しみだったことも覚えてる。内容そのものは覚えていないけど、「ちゃんと育ててもらったんだな」と今になって実感する。だからそんな風に、私も子供に読み聞かせしてあげたい。

 私は携帯・スマホを上手に使って子育てがしたい。携帯はどんどん進化して便利になっていっている。私の知り合いの子どもが、幼いころからYouTubeばかり見ていたらしい。とくに都市伝説が大好きでそればっかり見ていたら、怖いくらい「なんでそんな変なこと知ってるの?」っていう知識モンスターな小学生に育っていた(笑)。それはさすがに極端だけど、スマホは使いようによっては、めちゃくちゃ良い教育できそうだなって思うから活用したい。

 早すぎず遅すぎず、常識が身について、子どもの同級生たちが携帯を持ち出したら持たせてあげたい。これからはネットを使いこなしているのは当たり前で、情報を発信したり、何か作ったり。何かを極めた子になってほしい。「デジタルネイティブ」らしく育ってほしい。

Q3:自分が親からされて、我が子にもしたいこと(&したくないこと)。

 幼いころから何不自由なく、いい環境を与えてもらった。例えば公文やヤマハとか、送り迎えもしてもらったし、教材の丸付けもしてもらってた。当時は当たり前だと思ってたけど、いざ自分も両親の年齢に近づくと「めちゃくちゃ労力かけてもらってたな」という思いがある。共働きなのに。感謝しかないけど、自分はそこまで子どもに尽くせるか不安。

 でも実はそのことでの弊害もあって、私は料理や家事を一切やらずに育ち、何にもできない大人になってしまったので、少し手を抜いてもらってもよかったかもしれない(笑)。そのさじ加減、難しそう。

 公文は当時は嫌で辞めたかったけど、本当に続けてよかったと思っている。でもヤマハのエレクトーンレッスンは本当に嫌だった。五線譜を見ると今でもなんか嫌な気持ちになる。

 近隣でも有名な超スパルタな先生で、鬼のように怒るし本当に嫌いだったのを覚えている。言うこと聞きたくなくて練習しないから、さらに怒られるんだけど(笑)。月謝が高くて、もったいなかったな……。もっと強く「辞める!」って押し切ればよかったと思う。

 大舞台でのコンテストで、何人かで演奏しなきゃいけない機会があって、楽譜のどこを演奏しているのかさえも分からないくらい練習していないのに出たことがあった。自分のエレクトーンの音量ゼロにしてひいているふりしてたことがある(笑)。自分に変な度胸があるのは、そんなヤマハの経験があるからかもしれない(笑)。

●今回の答え合わせ

Q(父):子育てを終えて、自分の育児ポリシーに点数をつけるなら何点?

 点数なんてつけられない。娘も息子もそれぞれ自分のやりたい事を見つけて自立できる大人に成長してくれたので、取りあえず合格点には達していると思う。

Q(娘):成人して、両親の育て方に点数をつけるとしたら何点?

 95点。幼いころから何不自由ない環境を与えてくれた。一方で、自分のことだけ考えていればいい状況を許されてしまったので、今になってたまに困ることも……なので5点引きました(笑)。

最終更新:7月10日(日)11時25分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]