ここから本文です

直径1ミリ未満 顕微鏡サイズで「パックマン」再現 ノルウェー東南大の研究で

ねとらぼ 7月10日(日)13時10分配信

 誰もが知る懐かしいゲーム「パックマン」を、直径わずか1ミリ未満というサイズで再現した「顕微鏡パックマンプロジェクト」の動画がYouTubeで公開されました。

【拡大したところ】

 この「顕微鏡パックマン」を作ったのは、ノルウェー東南大学マイクロ・ナノシステム技術科のErik Andrew Johannessen教授。ミドリムシの「ユーグレナ」と「繊毛虫」をパックマンに、「ワムシ」をゴーストに見立て、マイクロサイズで再現した迷路の中にそれぞれ投入しました。微生物たちが迷路の中を激しく動きまわる様子はまさに「パックマン」そっくりとなっています。

 この研究は「壁などの障害物がある中で微生物はどう動くのか」の観察を目的にスタートしたもの。障害物があることで、より自然の環境に近いデータを集められるそうです。実にリアルなパックマン、興味深い研究結果となっていますね。

最終更新:7月10日(日)13時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]