ここから本文です

沖縄県内倒産34%減 上半期 負債額も32%減

琉球新報 7月10日(日)12時8分配信

 帝国データバンク沖縄支店は7日、2016年上半期(1~6月)の県内企業倒産集計(負債総額1千万円以上)を発表した。件数は前年同期比34・4%減の21件、負債総額は同31・6%減の19億3700万円だった。

 集計方法を変更した2005年4月以降、件数は過去4番目、負債額は2番目に少ない水準となった。同支店担当者は「観光客数は順調に伸びて民間・公共工事はある程度の発注がある。景況感が良いため、倒産は低水準となっている」と分析した。

 同日発表した6月の倒産件数は前年同月より2件少ない4件で、負債総額は同57・3%増の2億8千万円だった。

 上半期の倒産を主因別にみると「不況型の販売不振」が95・2%(20件)に上り、業種別では建設業と製造業がそれぞれ23・8%(5件)を占めた。負債額別では5千万円未満が66・7%(14件)で最多だった。

琉球新報社

最終更新:7月10日(日)12時8分

琉球新報