ここから本文です

高3・小祝さくら完全V王手!国内女子ツアー史上初快挙へ「昨日の方がドキドキ」

デイリースポーツ 7月10日(日)6時59分配信

 「女子ゴルフ・ニッポンハムレディスクラシック・第2日」(9日、アンビックス函館C上磯GC=パー72)

 初日単独首位発進したアマチュアの小祝(こいわい)さくら(18)=飛鳥未来高3年=が3バーディー、4ボギーの73とスコアを1つ落としながらも、通算6アンダーで首位を守った。国内女子ツアー初となるアマチュアの完全優勝実現へ、同じく通算6アンダーで首位に並ぶ李知姫(イ・チヒ、韓国)、大江香織(26)=アルパイン=とともに最終日最終組で闘う。

 前日の7アンダー単独首位発進で「友人、知人から100通以上のSNSが来て、全部返信しました」という小祝。第2ラウンドも首位を守り、地元北海道で史上初の快挙に挑む。

 生涯初のプロ競技最終組を回った第2日。「スタート時も特別な緊張はなかったです。プロの試合の時はいつもあんな感じ。昨日の方がドキドキしてました」。前半は安定したプレーぶりで、6番パー5の第3打をピンそば40センチにつけてバーディー先行。9番でも3メートルを決めて折り返した。

 だが、後半は39を要した。「ティーショットはうまくいったホールが多かったけれど、セカンドが思った方向に飛んでくれないし、パットも全然入らなかった。後半は精神的にも追い詰められちゃいました」。12、13番で連続ボギー。14番は13メートルの長いバーディーパットを沈めたものの、15、16番で再び連続ボギーをたたき、李知姫と大江に並ばれた。

 前日は25だったパット数は5つ増えて30に。「今日はイーブンパーで回れるようにって思ってたんですけど…」というが、結果的にはスコアを1つ落とすことになった。

 それでも、前日の貯金が効いて首位を守った。「明日もスコアを伸ばすなんて考えず、狙いすぎないで。取れるところでバーディーを待って、チャンスが来たら…いきたいと思います」。自身のスイング&パッティングの最重要項目は“ゆっくリズム”。色白のおっとりとした表情の下に不思議な強さをただよわせ、高校3年生のアマチュアが、プロ競技完全Vに挑む。

最終更新:7月10日(日)7時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]