ここから本文です

決勝控えるポルトガルに朗報、DFペペが完全回復 「歴史に自分たちの名を残したい」

ISM 7月10日(日)14時52分配信

 現地時間10日に行なわれるEURO2016決勝のフランス戦に向け、ポルトガルに朗報が入った。故障により準決勝を欠場していたDFペペが回復し、万全の状態で大一番に臨めることになった。

 太ももの筋肉に違和感を覚え、準決勝のウェールズ戦を欠場していたペペだが、前日会見で「非常にいい気分。完全に回復し、起用可能な状態にある」とコメントした。

 対戦相手のフランスにはFWアントワン・グリーズマンという怖い相手がいる。ここまで得点ランクトップの6ゴールを挙げている同選手は、アトレティコ・マドリーの所属。レアル・マドリー所属のペペにとってはよく知る相手だ。両者は昨季、リーガ・エスパニョーラで火花を散らしたほか、チャンピオンズリーグ(以下CL)決勝でも対戦。レアルはPK戦の末にマドリーダービーを制し、CL覇者となった。

 ペペは「グリーズマンとはスペインで何度か対戦している。背はそれほど高くないけど、次にボールがどこに来るのか、その読みがとても上手い。でも、1人の選手に集中せず、相手チーム全体に目を向けることが重要だ」と語った。

 クラブチームの頂点であるCL優勝をこれまでレアルで2度味わっているペペ。しかし、10日のEURO決勝こそがキャリアで最も重要な一戦だと考えているようだ。同選手は「僕はポルトガルの国と人を代表している。歴史に自分たちの名を残したい」と述べ、優勝へ力を込めた。

 母国開催となったEURO2004の決勝では、豪華な攻撃陣を揃えながら堅牢な守備を誇るギリシャの前に屈したポルトガルだが、今回は当時と逆の立場に。グリーズマンのみならず、オリヴィエ・ジルーとディミトリ・パイェもそれぞれ3得点と、強烈な破壊力を持つフランスを封じなくてはならない。

 EURO2004では、開催国を抑え切ったチームが優勝を果たした。報道陣から、今回もそういうシナリオになると思うかと問われたペペは「そうなったら素晴らしいと思う。でも、それとこれとは話が別だ。あれから12年も経っているし、明日は完全に違う試合になる」と話している。(STATS-AP)

最終更新:7月10日(日)17時46分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]