ここから本文です

カルト映画『ウォリアーズ』ドラマ化!

シネマトゥデイ 7月10日(日)17時40分配信

 1979年のカルト映画『ウォリアーズ』が、Huluでテレビシリーズ化されるとDeadlineが報じた。

 企画しているのは、映画『キャプテン・アメリカ』シリーズを監督したアンソニーとジョー・ルッソ兄弟。映画版はソル・ユーリックの1965年の小説を基にしており、ニューヨーク市の敵対するストリートギャングの抗争を描いている。

 ドラマ版はウォルター・ヒル監督の映画版に敬意を表しながら、彼ら独自の気骨、安っぽさ、暴力などを加えた作品になるそう。ルッソ兄弟はパイロット版は監督するが、それ以降のエピソードでメガホンを取るかはまだ決まっていないようだ。

 ルッソ兄弟は今後、2部作の『アベンジャーズ』の新作映画を監督することになっているほか、『クリード チャンプを継ぐ男』のマイケル・B・ジョーダンの主演が予定されている『華麗なる賭け』のリメイクの監督なども決まっており、現在引っ張りだことなっている。(澤田理沙)

最終更新:7月10日(日)17時40分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。