ここから本文です

「ブラック・スワン」振付師バンジャマン・ミルピエのドキュメンタリー公開

映画ナタリー 7月10日(日)13時0分配信

パリ・オペラ座バレエ団の芸術監督に史上最年少で就任した振付師バンジャマン・ミルピエを追ったドキュメンタリー「Reset(英題)」が、「ミルピエ ~パリ・オペラ座に挑んだ男~」の邦題で公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ブラック・スワン」の振り付けを担当したことで知られ、同作の主演女優ナタリー・ポートマンの夫でもあるミルピエは、37歳という若さでパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督に抜擢された。しかしその約1年半後、彼は辞任することに。パリ・オペラ座が公式にプロデュースした本作は、ミルピエが芸術監督として初めて手がけた演目「Clear, Loud, Bright, Forward」が完成するまでの道程をスタイリッシュに切り取っていく。

「ミルピエ ~パリ・オペラ座に挑んだ男~」は12月より東京のBunkamuraル・シネマほか全国で公開。

(c)FALABRACKS,OPERA NATIONAL DE PARIS,UPSIDE DISTRIBUTION,BLUEMIND,2016

最終更新:7月10日(日)13時0分

映画ナタリー