ここから本文です

「アリス・イン・ワンダーランド」新作、白の女王役・深田恭子が「妹ってずるい!」

映画ナタリー 7月10日(日)13時16分配信

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の舞台挨拶が本日7月10日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて開催され、日本語吹替を担当した深田恭子、朴ろ美、石井晏璃、内藤穂之香が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ティム・バートンが製作総指揮を務める「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」は、小説「不思議の国のアリス」のその後を描く「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズの最新作。アリスと仲間たちが、悲しい過去に心をとらわれたマッドハッターを救うために時間をさかのぼり、冒険に出る姿を描く。吹替版では深田が白の女王役を、朴が赤の女王役を続投し、それぞれの子供時代を内藤と石井が演じた。

6年ぶりの新作に出演したことについて、深田は「6年の間にいろいろなお仕事をさせていただいたので、それが少しでも生かせたらなと思いました」と話す。朴は「また『打ち首じゃ!』って言えるのかなと思うととってもうれしかった」と明かし笑いを誘った。

白の女王は赤の女王の妹にあたるが、自身は6歳下の妹を持ち、姉の立場である深田。「私は、妹が何かしたときに『お姉ちゃんも悪い』と連帯責任で怒られることがありました。映画の中でも『妹ってずるい!』って思うところがあったので、赤の女王にちょっと共感しました」と感想を語る。一方朴は3歳上の姉がいるそうで、「喧嘩ばかりの姉妹でした。髪の毛を掴み合ったり、ボコり合ったり(笑)。なので赤の女王たちはずいぶん上品な姉妹だなと思った」と笑う。

赤の女王と白の女王が喧嘩をするシーンの収録では2人そろってアフレコを行ったという内藤と石井。内藤は「声と動きを合わせないといけなくて、ちょっと遅れちゃうと晏璃ちゃんが入りづらくなっちゃうので大変でした」と、石井は「私は一人っ子で喧嘩もしないので、きつい口調でセリフを言うのが大変でした」と苦労を語った。

終盤には、深田が本作をまだ観ていない人へ向けて「前作でも姉妹の関係についての部分が出てくるんですが、今回は赤の女王がなぜああいう考え方をするようになってしまったのかが描かれています。それからアンダーランドの住人たちがただ楽しく生きているだけではないとわかる、深みのある話になっています」とアピール。最後に、現時点で約72万人の動員と約11億円の興行収入を記録している本作のヒットを祝って鏡割りを行い、イベントは終了した。

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」は全国で上映中。

※朴ろ美のろは王へんに路が正式表記



(c)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:7月10日(日)13時16分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。