ここから本文です

綾瀬はるか 天然ぶり加速「信長の子孫は織田裕二?」

東スポWeb 7月10日(日)17時30分配信

 綾瀬はるか(31)が新作主演映画の撮影現場でも天然ボケを炸裂させているという。

 作品は「本能寺ホテル」(来年公開)で、2011年にヒットを記録した「プリンセス・トヨトミ」の製作チームが集結し、綾瀬は堤真一(52)とダブル主演する。

 京都の本能寺ホテルに宿泊したヒロイン繭子(綾瀬)が1582年の本能寺の変の前日にタイムスリップし、死の前日の織田信長(堤)と出会うというストーリー。

 今月初旬から京都で撮影に臨んでいる綾瀬だが、早くも期待通りの天然ぶりを発揮しているという。

「信長(堤)と出会い、日本史最大の謎といわれる本能寺の変に迫る歴史ミステリー。ところが、綾瀬は信長がなぜか、俳優の織田裕二のご先祖さまと信じ込んでいたんです。当然、織田も出演すると思い込んでいたんです。どうやら、本当の子孫といわれるフィギュアスケートの織田信成と話がごっちゃになってしまったようです」(関係者)

 撮影現場はこれで笑いの渦と化したという。綾瀬といえば、同じ製作チーム、キャストの「プリンセス――」の撮影現場でも大いに笑わせた過去がある。「大阪城ロケのとき、城を見た綾瀬は堤に『堤さん、やっぱりお寺って奇麗ですね!!』と語りかけ、堤が『えっ!? お寺?』と驚くと『あっ間違えた。神社でした!!』ですからね。太陽を見て『今日はすごい満月ですね!』と言ったかと思えば、サッカーのジーコ元日本代表監督を『ジーコって芸名なんですか?』と質問したり…。ホント最高なんです」(関係者)

 5年たっても変わらない綾瀬に、スタッフ・キャストは「綾瀬は必死になったり、何か真剣に取り組んだりするほど、天然が出てくる」とみんな笑顔になっているという。綾瀬伝説は継続中だ。

最終更新:7月10日(日)17時30分

東スポWeb