ここから本文です

【スターダム】岩谷麻優「牛丼屋で突然決断!これが私の数ある脱走劇の幕開け」

東スポWeb 7月10日(日)17時29分配信

【We are U―23女子プロレス代表】岩谷麻優(スターダム)

 東スポをご覧の皆さん! 早くもこのコラム、4回目となりました。ベルトを1本落としたので今はスターダムの2冠王、岩谷麻優です☆

 17歳(2010年)で上京し、ギリギリの成績で何とかプロテストに合格できました。けど、長い間の引きこもり生活がたたって体力低下が著しく、プロデビュー後もとにかく体的にキツく、つらい生活が続きました。練習でへこたれ、試合でへこたれ「何やってるんだろう?」と何度も心の中でなげく毎日。右のポッケに夢を、左のポッケには小銭を入れてはるばる山口から上京してまだ数か月、早くも心が折れかけていました。

 そんなある日のことです。練習帰りに立ち寄った牛丼屋さんで生卵を追加するかしないか悩んでる私に(笑い)、ふとある考えが浮かんできました。

「そうだ、山口に帰ろう」

 思ったら即行動! 私は頼んだ生卵も割らずに店を飛び出し、近所の薬局へ立ち寄り、いらなくなった段ボールをもらい寮に戻りました。そして誰もいないスキに全部の荷物を段ボールに押し詰め、宅配業者に連絡。まるで「夜逃げ屋本舗」並みの行動力でした。しかし全部で10箱近くあった段ボール、山口へ送るとなると1箱5000円くらいかかるとか…。おカネのない私は荷物をすべて着払いで実家に送りつけるという、迷惑千万な行動をした揚げ句、自分自身は体一つで東京駅へと向かったのでした。

 人呼んで「脱走女王」。誰が呼んだか知りませんが、これが私の数ある脱走劇の幕開けでした。そして故郷の山口に戻り、悶々とした引きこもり生活を再びスタートさせたのです。

 話がぶっ飛びますが、岩谷、猫を2匹飼っていたのですが、新しい家族が増えました。「りく」(♂)です! これで麻優防衛軍「陸、海、空」そろいました。守ってもらいながら一緒に大きくなっていきます。

最終更新:7月10日(日)17時29分

東スポWeb