ここから本文です

「貞子vs伽椰子」で使われた“伽椰子ハウス”が賃貸情報サイトで発見され話題に 「あの階段」もちゃんとあるぞ!

ねとらぼ 7月10日(日)20時10分配信

 映画「貞子vs伽椰子」の撮影で使われた“伽椰子ハウス”が、不動産情報サイトで発見され話題になっています。庭付き一戸建ての6DK(147平米)で、家賃は12.5万円。築69年とやや年季は入っていますが、庭まで含めた敷地面積は200坪超とかなりの広さ。これは(伽椰子さえ出なければ)かなりお得なのでは……?

【間取りは2階建ての6DK。かなり広い!】

 画像を見ると、劇中で俊雄が潜んでいた風呂場、伽椰子が降りてくる階段など「貞子vs伽椰子」の劇中シーンそのまま。説明文でもしっかり「映画の撮影にも使用されたことがある古民家」と紹介されています。確かに伽椰子ハウスだこれ!!! ちなみに映画では裏手が林になっており、いかにもな感じの井戸がありましたが、さすがにあれは映画オリジナル設定だったようです。

 この記事を書いている時点(7月7日)では残念ながら「掲載終了」となっていますが、担当者に問い合わせたところ、事務所として利用したいとの問い合わせが何件かあり、現在は取り扱い条件について再検討するためいったん掲載を取り下げている状態だそう。ちなみに居住目的での問い合わせはまだ0件。「駅からちょっと遠いからかもしれません(松戸駅から徒歩15分)」とのことでしたが、松戸だと駅近・築浅の戸建て/3LDKでおおむね15万円くらいが相場だそうなので、広さを考えるとやはりユニークな物件なのは間違いなさそうです。

最終更新:7月10日(日)20時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]