ここから本文です

父・丈一郎は不満「外国人選手はバイトで来てるねん。きれいに倒してあげなアカン」

デイリースポーツ 7月10日(日)7時0分配信

 「ボクシング・6回戦」(9日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)

 元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(46)の次男・寿以輝(19)=大阪帝拳=が初の6回戦に臨み、3度のダウンを奪ってリオ・ナインゴラン(21)=インドネシア=を3回2分11秒TKOで下した。昨年4月にデビューして以来、戦績を5戦5勝(3KO)とした。父譲りの右腕をグルグル回すパフォーマンスも見せ、初のメインにカリスマのDNAが爆発した。

【写真】辰吉、「引退」の話題で意気投合

 リングサイドで見守った辰吉丈は、息子の勝利に不満顔だった。「外国人選手はバイトで来てるねん。きれいに倒してあげなアカン」と開口一番の“辰吉節”。連打が単調になったことを「連打とコンビネーションは違う。コンビネーションでまとめて倒さんと。これでは先が思いやられる」と斬り捨てた。

 勝利の余韻も吹っ飛んだ寿以輝の控室。しかし、本人の横で「試合がおもろない」「個性がない」と言い続けたのはわけがある。「辰吉の名前をぶら下げている以上、しょうもない試合はアカン。それがわかった上でプロボクサーになったんやからな!!」-。

 息子の宿命を思うからこそのお説教。「これぞ寿以輝というスタイルをつくれ!!」という助言は心からの願いだ。

最終更新:7月10日(日)9時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。