ここから本文です

<バケモノの子>22日に「金曜ロードSHOW!」でテレビ初放送 

まんたんウェブ 7月11日(月)8時0分配信

 細田守監督の約3年ぶりの新作として話題になった劇場版アニメ「バケモノの子」(2015年7月公開)が、7月22日午後9時に日本テレビの映画枠「金曜ロードSHOW!」で放送されることが分かった。同作がテレビで放送されるのは初めて。

【写真特集】迫力のバトルに感動も… 「バケモノの子」の名場面

 細田監督は「初放送をすごくうれしく思っています。『バケモノの子』は基本的にアクション映画ですので、面白いことが次々に起こります。テレビの前でワイワイみんなで楽しんでみてください」と喜び「みんな誰しも胸の中に心の師匠、親がいる、と思います。それは身近な人かもしれないし、会ったこともない人、あるいは歴史上の人物かもしれない。実際の親だけでなく、人はそういう大切な存在によっても育てられているんだということを伝えたいです。そんな人のことを思い出しながら見ていただければと思います」とコメントを寄せている。

 「バケモノの子」は、人間界とバケモノ界が存在する世界を舞台に、孤独な少年とバケモノの交流を描いたアニメ。細田監督が「おおかみこどもの雨と雪」(12年公開)以来、約3年ぶりに手がけた作品で、声優として役所広司さんや宮崎あおいさん、染谷将太さん、広瀬すずさんらが出演したことも話題になった。

 観客動員数が約459万人を記録するなどヒットし、第39回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞を受賞。海外では、スペインのサン・セバスチャン国際映画祭で劇場版アニメとして初めてコンペティション部門に選出されたほか、49の国と地域で配給された。

最終更新:7月11日(月)8時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。