ここから本文です

ヤクルト・山田 つば九郎のお願いに応える通算100号アーチ

東スポWeb 7月10日(日)20時21分配信

 ヤクルト・山田哲人内野手(23)が10日の中日戦(神宮)で、史上277人目となる通算100号本塁打を放った。

 2回先頭で左前打を放った山田。4回の第2打席は遊ゴロに倒れたが、5回には適時二塁打。6―3の7回無死一塁、岡田の変化球を捉え左中間へ29号2ランを放った。「気持ち良かった。素直にうれしい。こんなに早く打てるとは思ってなかった。杉村(打撃)コーチと練習前にコツコツとティー(打撃)をやっている成果かなと思う」

 3日の巨人戦(秋田)以来、5試合で本塁打がなく、試合前には球団マスコットのつば九郎に「ぎょうむれんらくです。やまだてつとさん、はなたばがかれます。きょううってください」とハッパを掛けられた。

 つば九郎の要求通りにアーチをかけた山田はダイヤモンドを一周後に花束を受け取ると、帽子を取って盛り上がる神宮のファンに感謝を示した。

最終更新:7月10日(日)21時13分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。