ここから本文です

トム・ヒドルストン、テイラーとの熱愛でボンド役を逃す?

Movie Walker 7/10(日) 19:31配信

新ジェームズ・ボンド俳優の最有力候補と言われていたトム・ヒドルストンが、テイラー・スウィフトとのあまりにデレデレすぎる熱愛ぶりで候補から外されたと複数のメディアが伝えている。

【写真を見る】恋か仕事か?テイラーとの熱愛ぶりでボンド役候補から外されたというトム

「英国ドラマ『The Night Manager(原題)』でのトムのクールな演技が彼を次の007候補にしたのですが、初期の交渉は終わってしまったようです」と関係者が英紙ザ・サンに語っている。

「ボンドを演じるにはミステリアスな雰囲気が必要です。彼はあまりにも公然とテイラー・スウィフトと交際しているため、ボンドにキャスティングするのは不可能な俳優になってしまいました」と関係者は証言しており、人目もはばからずテイラーといちゃついている姿を毎日タブロイドに報道されているトムは、ボンド俳優になる一世一代のチャンスをテイラーのためにふいにしてしまったようだ。

また、英BBCニュース他のメディアによれば、トムに代わって新ボンド俳優の筆頭候補に躍り出たのは世界的には比較的無名の俳優、ジェームズ・ノートンだという。彼はBBCの「Happy Valley(原題)」、「War and Peace(原題)」などドラマ俳優として人気を博し、最近、女性誌グラマーが選ぶ「マン・オブ・ジ・イヤー」の栄冠に輝いたばかり。ケンブリッジ大学卒の秀才でもあり、甘いマスクの2枚目から非情なタフガイまで幅広い役柄をこなせる俳優だ。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:7/10(日) 19:31

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]