ここから本文です

上條淳士「To-y」原画展ツアーが吉祥寺に凱旋、200枚超の原画や会場特典も

コミックナタリー 7月10日(日)18時37分配信

上條淳士の原画展「『LAST LIVE』展」が、7月14日から7月20日までの期間、吉祥寺のリベストギャラリー創にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは「To-y」に登場する歌手・藤井冬威のデビュー30周年を記念して行われる展覧会ツアー。昨年11月に同会場にてスタートして以降、大阪、福岡、仙台を周り、このたび吉祥寺に凱旋する。会場では巡回展最大となる、新作含む200枚超の「To-y」の原画を展示。新作グッズの販売も行われる。

また会期中、小学館クリエイティブより刊行された「To-y 30th Anniversary Edition」1~5巻のいずれかを1冊購入すると、1冊につき1枚、会場限定の着せ替えカバーをプレゼント。なお上條は、会期中毎日在廊するとのこと。

上條淳士原画展「LAST LIVE」展
日時:2016年7月14日(木)~7月20日(水)12:00~18:00(最終日は17:00まで)会場:リベストギャラリー創住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-19

最終更新:7月10日(日)18時37分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。