ここから本文です

【POG】ジューヌエコールが力強く抜け出す 福永も素質を評価

デイリースポーツ 7月10日(日)13時43分配信

 「2歳新馬」(10日、中京)

 2番人気のクロフネ産駒ジューヌエコール(牝、栗東・安田)が2着以下に1馬身3/4差をつけて、1400メートルの一戦を制した。前半は好位で脚をため、余力十分の手応えで直線へ。前日の雨の影響で湿った馬場を苦にすることなく、力強い伸び脚であっさりと抜け出した。タイムは1分23秒0。「上手に走ってくれた。追ってからまだ体を使えていないけど、それでも勝てたのは良かった」と福永祐一騎手は評価した。

 なお、2着は先行策から粘り込んだ1番人気のメイショウハバネラ、さらに2馬身半差の3着には後方から脚を伸ばした5番人気のスパイクナードが入った。

最終更新:7月10日(日)13時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]