ここから本文です

女子高生の同居もの「ふたりべや」3巻でサイン会、缶バッジ付など限定版も

コミックナタリー 7月10日(日)19時27分配信

雪子「ふたりべや」の単行本3巻が7月23日に発売されることを記念し、7月30日にメロンブックス秋葉原1号店にてサイン会が開催される。

サイン会は抽選制。7月18日までに店頭で「ふたりべや」3巻の通常版、もしくは150mmの缶バッジ「デカンバッジ」が付いた限定版を全額内金で予約した人に、抽選券が手渡される。当選結果の発表は7月20日に店頭およびメロンブックの公式サイトにて行う。

「ふたりべや」はデンシバーズにて連載中の、しっかり者な女子高生の桜子と、彼女と同じ寮でルームメイトとして暮らす、ものぐさな美少女・かすみの同居生活を描く物語。なお、とらのあなでもB2サイズのお風呂ポスターが付いた限定版を販売する。

雪子サイン会
日時:2016年7月30日(土)14:00~16:00(予定)会場:メロンブックス秋葉原1号店 5F特設会場

最終更新:7月10日(日)19時27分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。