ここから本文です

小倉唯、初のソロツアー開幕「本当に私は幸せもの」

音楽ナタリー 7月10日(日)19時55分配信

小倉唯による初のソロツアー「High-Touch☆Summer」が、昨日7月9日と本日10日の千葉・幕張イベントホール2DAYSで幕を開けた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2日間で約1万人を動員した幕張イベントホール公演。小倉はツアータイトル通り夏にちなんだ演出がちりばめられたステージで、最新シングル「ハイタッチ☆メモリー」や、夏にぴったりのさわやかなアレンジに変化した「いつだって Call Me!」のリアレンジバージョン「いつだって Call Me!*Summer Time ver.」など18曲を披露した。ライブ後半には、このツアーのために「みんなで一緒に踊れるように」とダンスを作り直した「PON de Fighting!」の振り付けを、小倉が自ら観客にレクチャー。この振り付けは事前にレクチャー動画で発表されていたこともあり、初日から完璧に踊りこなすファンも多く見られた。

また小倉はMCで、自身がリンネ・ベルリネッタ役で声優として出演する10月放送のテレビアニメ「ViVid Strike!」でオープニングテーマを担当することを報告。そして「人生の中で一度きりしかないこの空間で、こんなにも素敵なみなさんと楽しい時間を共有することができて、本当に私は幸せものだなと思っています。皆さんの声援に応えられるようにがんばっていきますので、これからも応援よろしくお願いします!」と涙ながらに挨拶した。

ツアーはこのあと、愛知、大阪、そして小倉の故郷である群馬で行われる。

「小倉 唯 1st LIVE TOUR『High-Touch☆Summer』」今後のスケジュール
2016年7月17日(日)愛知県 一宮市市民会館2016年8月6日(土)大阪府 オリックス劇場2016年8月14日(日)群馬県 桐生市市民文化会館

※記事初出時、撮影者クレジットに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

最終更新:7月11日(月)14時4分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。