ここから本文です

ドラフト候補 須磨翔風・才木が5回1安打無失点、9球団スカウトが熱視線

デイリースポーツ 7月10日(日)14時8分配信

 「高校野球・兵庫大会・1回戦、須磨翔風6-2尼崎稲園」

 須磨翔風のドラフト候補・才木浩人投手(3年)が先発し、5回1安打無失点の快投を演じた。直球の最速は146キロを計測し、打者15人で5イニングを投げきった。

 立ち上がりからボールにバラツキはあったものの、187センチの高身長に加え、長い腕から繰り出される直球には威力があった。捉えた打球が外野の定位置付近ですべて失速。三回1死から右前打を許したが、後続を三ゴロ併殺打に打ち取り、二塁すら踏ませなかった。

 「最後の夏なので緊張感はありましたけど、楽しいマウンドでした」と才木。手足の長さから「須磨の藤浪」と称される右腕を目当てに、ネット裏では9球団のスカウトが視察した。次戦はシード校の報徳学園。「自信のある真っすぐで抑えられれば」と表情を引き締めていた。

最終更新:7月10日(日)14時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]