ここから本文です

高橋徹也、名盤「夜に生きるもの」を2016年の音で鳴らすスペシャルライブ

音楽ナタリー 7月10日(日)22時11分配信

高橋徹也が9月23日に東京・STAR PINE'S CAFEにて、デビュー20周年記念ワンマンライブ「夜に生きるもの 2016」を開催する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このライブは、ファンの間で根強い人気を誇る1997年発売の2ndアルバム「夜に生きるもの」を、ホーンセクションを交えたバンド編成で演奏するというもの。レコーディングメンバーでもある鹿島達也(B)を筆頭に、sugarbeans(Key)、脇山広介(Dr)、宮下広輔(Pedal Steel)、尾崎あゆみ(Tp)、上杉優(Tb)、高井汐人(T.Sax)の7名がバックを固める。

高橋は自身のブログに、「これは当時の再演だとか、そういう意識ではありません。文字通り2016年版の『夜に生きるもの』を、2016年仕様の高橋徹也とバンドの音を楽しんでいただければと思います」とこのライブへの思いをつづっている。

この「夜に生きるもの」をはじめ、高橋がキューンソニー(現キューンミュージック)よりリリースした1996~99年の作品はiTunes Storeやレコチョクなどの音楽配信サイトで購入することができ、Apple Music、LINE MUSIC、AWA Music、Google Play Musicといったサブスクリプションサービスでも配信されている。

高橋徹也 20th ANNIVERSARY「夜に生きるもの 2016」
2016年9月23日(金)東京都 STAR PINE'S CAFE<出演者>高橋徹也(Vo, G)サポートメンバー:鹿島達也(B) / sugarbeans(Key)/ 脇山広介(Dr)/ 宮下広輔(Pedal Steel)ゲスト・ホーンズ:尾崎あゆみ(Tp)/ 上杉優(Tb)/ 高井汐人(T.Sax)

最終更新:7月10日(日)22時11分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。