ここから本文です

13人きょうだいの格闘姉妹がボクシングプロテスト一発合格

デイリースポーツ 7月10日(日)16時29分配信

 13人きょうだいの格闘姉妹が10日、大阪市内でボクシングのプロテストを受検し、一発合格した。澤井淳一郎氏(52)の三女・涼(りょう、23)、四女・乃美(なみ、21)=井岡弘樹=でともに空手の達人だ。同ジムで2年前にボクシングを始め、井岡弘樹会長に才能を惚れ込まれ、転向を決断。スタミナを強化し、年内プロデビューを目指す。

 両親、きょうだい全員で計15人の澤井家がテスト会場に集結した。家族が見守る前で姉妹はシャドーボクシングを披露し、スパーリングを戦った。空手仕込みの打撃センスはさすがの迫力で手数も申し分なし。「合格です」と受検後すぐJBC関西事務局・岡根英信局長から伝えられた。

 きょうだいは32歳の長女から12歳の6女までの7男6女。父は大阪・梅田の大阪駅前第3ビルで居酒屋「1969」を経営し、家族が店を切り盛りする。

 涼はキッチン担当でフライパンを振るい腕力を鍛え、乃美はホール担当で看板娘だ。朝7時半に起き、8時半に出勤。ランチタイムが終わり、夜に向けた仕込み。夕方にジムで3、4時間練習後、再び店に戻り、仕事する。帰宅するのは遅いときで深夜2時になる。 きょうだいは全員、空手家。ボクシングはジムから自宅が近く、もともとは長男が空手のパンチ力強化のために始めた。妹、弟らが続き、父も減量のため、家族全員で入門。父は体重107キロから20キロも落とした。

 涼は先日、全関西を制覇。乃美は世界大会で2度の優勝を誇る逸材。プロボクサーになるとは夢にも思っていなかったが、井岡弘樹会長の熱心な説得を受け、1カ月半前にようやく受け入れた。 涼は「プロになれば空手の試合に出られなくなる。でも一時期やって、また空手に戻って来るなら」と経験と捉えた。乃南は「プロになることでお店が盛り上がるなら。若いうちにしかできないし。武者修行と思って。なれるなら世界王者になりたい」と目を輝かせた。

最終更新:7月10日(日)16時39分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]