ここから本文です

日本ハム大谷9勝目ならず 七回途中マメ影響で降板

デイリースポーツ 7月10日(日)16時36分配信

 「日本ハム-ロッテ」(10日、札幌ドーム)

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が右手マメによる影響で七回途中降板した。

 七回1死一塁。田村へ投じた3ボール2ストライクから直球が外角に外れ四球。通算123球目で、右手を気にするしぐさを見せた。一度はベンチを下がって、治療を行ったが、戻ることなく谷元にマウンドを譲った。6回1/3を5安打3失点で降板。「初回からフォアボールも出しましたし、リズムよく攻撃に移ることができなかったので、納得のいくピッチングはできませんでした」とコメントした。

 前半戦最後のマウンドでの9勝目を挙げることはできなかった。

最終更新:7月10日(日)17時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報