ここから本文です

フィギュア宮原エキシビ曲披露「色っぽい感じに」

デイリースポーツ 7月10日(日)18時20分配信

 フィギュアスケート女子で日本選手権連覇中の宮原知子(18)が10日、所属する関大のアイスアリーナ創設10周年記念エキシビションに出演した。

 宮原は、来季のエキシビションナンバー「ヘルナンドスハイダウェイ(Hernando’s Hideaway)」を披露。黒地に真っ赤な花があしらわれた、大人な雰囲気の衣装で登場した。

 黒のバッグなど、小道具も使用。曲が始まると、サプライズで登場した田村岳斗コーチにバッグを持たせるなど“共演”も果たし「女の子は気取っている感じ。衣装も華やかに、色っぽい感じにした」という。冒頭のダブルアクセルは成功するも、その後の3回転は転倒し「演技自体は全然良くなかった」と悔しさをにじませた。

 新たなシーズンに向けては「新しい技を入れたりはしないけど、気持ちとしては、どんどん挑戦していきたい。毎試合をきっちりこなして、GPファイナルや世界選手権に出場できるように頑張りたい」と話した。

最終更新:7月10日(日)19時13分

デイリースポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。