ここから本文です

【競輪】平原康多が小松島記念を連覇 2角まくりで通算15回目の記念優勝

デイリースポーツ 7月10日(日)18時16分配信

 「阿波おどり杯争覇戦・G3」(10日、小松島)

 12Rで決勝戦が行われ、平原康多(34)=埼玉・87期・SS=が、最終2角から豪快にまくって1着。小松島記念を連覇。当地では3回目の栄冠を飾るとともに、通算15回目の記念優勝を果たした。終始、平原を追った神山雄一郎(栃木)が2着、直線で中を伸びた有坂直樹(秋田)が3着だった。

 平原らしいパワフルな一撃での勝利。「1年ぶりの優勝ですね」。したたる汗をぬぐいながら喜びを表した。

 レースは松岡貴久(熊本)-小倉竜二(徳島)、平原-神山-高木隆弘(神奈川)、市田佳寿浩(福井)、小松崎大地(福島)-岡部芳幸(福島)-有坂で周回。赤板前で小松崎が上昇し、平原も前へ踏み上げ、打鐘でしっかりと中団を確保。満を持して最終2角から一気にまくり、先頭でゴールを駆け抜けた。

 「苦しかったけど、ホッとしました」。久々に高く掲げた優勝トロフィー。次は川崎でのG2・サマーナイトフェスティバル(16~18日)でVをつかむ。

最終更新:7月10日(日)18時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。