ここから本文です

フィギュア宮原来季SPはオペラ「ラ・ボエーム」

デイリースポーツ 7月10日(日)18時29分配信

 フィギュアスケート女子で全日本選手権覇者の宮原知子(18)が10日、所属する関大のアイスアリーナ創設10周年記念エキシビションに出演した。華麗な演技を披露した宮原は取材に応じ、来季のプログラムについて、SPはオペラ「ラ・ボエーム」と話した。

 「ワルツ。バレエの要素が多く、明るい曲」と説明。「笑顔が大事なので、最初から最後までハツラツとしたプログラムにしたい」と意気込んだ。

 また、フリーは「宇宙のイメージ」で平和と愛がテーマという。3曲ほどを編曲して作られており、「今までにない世界観を出せるんじゃないかな」と話した。

最終更新:7月10日(日)19時13分

デイリースポーツ