ここから本文です

ヤクルトが山田の100号メモリアルアーチなどで同一カード勝ち越し

デイリースポーツ 7月10日(日)20時24分配信

 「ヤクルト8-3中日」(10日、神宮球場)

 ヤクルトが山田哲人内野手の100号メモリアルアーチなど先制、中押し、ダメ押しと大量8点を奪い、同一カード勝ち越した。

 打線は二回に今浪の1号3ランで3点を先制。五回には山田、雄平、バレンティンの3連続適時二塁打で中押しすると、山田が七回無死一塁で、中日の左腕、岡田が投じた137キロの変化球を今季29号本塁打をスタンドへと運び、ダメを押した。

 今季1号など3安打猛打賞の今浪は「僕自身、初めての神宮での本塁打。ファンの後押しより、僕のパワーのおかげ。できすぎ君です」と笑わせた。

 23歳での通算100号本塁打は球団史上最年少となった山田は「素直にうれしい。杉浦さんに援護点を与えることができて良かった。最後まで全力でプレーしたい」とアピールした。

 先発した杉浦が6回1/3を7安打3失点で今季初勝利。「先に点を取ってくれたので、自分のボールを信じて投げました。今年はしっかり後半戦、働きたいと思います。まだまだ、後半戦上位にいけるチャンスはある」と訴えた。

 中日は七回に代打・森野が1号3ランを放ったが、序盤の失点が大きかった。

最終更新:7月10日(日)20時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]