ここから本文です

阪神先発の岩貞は6失点で二回途中KO「チームに申し訳ない」

デイリースポーツ 7月10日(日)20時40分配信

 「阪神-広島」(10日、甲子園球場)

 阪神先発の岩貞が二回途中、6失点でKOされた。

 初回から制球に苦しみ、2安打4四球で3点を失った。

 二回も先頭の1番・田中、2番・菊池の連打で無死一、三塁。3番・丸の二ゴロの間に三走・田中が生還。続く4番・ルナの2打席連続中前適時打で加点された。

 5点ビハインドとなった時点で金本監督が一塁ベンチを出て、投手交代を告げた。岩貞は1回1/3を投げて5安打1三振4四球で6失点。打者13人、57球での降板に「早い回でマウンドを降りることになってしまい、チームに申し訳ないです」とコメントした。

 2番手・石崎も1死一塁から2者連続四球でピンチを拡大。2死後、8番・会沢、9番・戸田に連続適時打を浴びて、さらに3点を献上。四回には4番手・安藤が丸に中越え12号ソロを被弾。味方打線の援護もなく、0-9と一方的な試合展開になった。

最終更新:7月10日(日)21時19分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]