ここから本文です

歯に鉱石の飾り、上流女性か メキシコ古代遺跡で頭蓋骨発見

AFPBB News 7/10(日) 8:46配信

(c)AFPBB News

※音声はありません。

【7月10日 AFP】メキシコの古代都市遺跡テオティワカン(Teotihuacan)近くで、1600年前の上流階級とみられる女性の全身骨格が発掘された。頭蓋骨には意図的な変形の痕跡があり、歯は鉱石で飾られていた。

 メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)によると、女性の死亡時の推定年齢は35~40歳。供え物とみられるつぼ19個と共に埋葬されていた。

 女性の頭蓋骨は「非常に極端な」手法で圧迫され、通常より長くなっていたが、これは発掘現場のメキシコ中部ではなく、南部メソアメリカ(Mesoamerica)の一部で用いられていた技法だという。

 また、前歯2本に丸く形を整えられたパイライト(黄鉄鉱)が埋め込まれていたほか、下前歯には緑色のサーペンティン(蛇紋石)が装着されており、女性がテオティワカンでは異邦人だったことを示す特徴がみられる。3月30日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7/11(月) 16:52

AFPBB News