ここから本文です

イエモン吉井和哉「もう一生解散しません」活動継続宣言

MusicVoice 7月10日(日)22時9分配信

 15年ぶりに“再集結”したロックバンドのTHE YELLOW MONKEYが10日、さいたまスーパーアリーナで、全国ツアー『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016』の埼玉公演を開催。ボーカルの吉井和哉は終盤のMCで「THE YELLOW MONKEYはもう一生解散しません」とこの先もバンドを続けていくことを誓った。

 今回のツアーは、バントとしては16年ぶり、“再集結”後では初めての開催となり、5月11日の東京・代々木第一体育館を皮切りに、横浜アリーナなどでの追加公演を含め、全国12カ所24公演をおこなう予定。

 ツアーも後半に差し掛かったこの日の埼玉公演は、前日9日との2DAYS公演として開催。今年2月に公開した新曲「ALRIGHT」などを披露。キャリアのベストヒットとも言える選曲で、2万人の観客を魅了した。

 この日、ボーカルの吉井和哉は終盤のMCで、「THE YELLOW MONKEYの吉井和哉です。これからこれがフルネームでもいいくらいです。THE YELLOW MONKEYはもう一生解散しません。皆さんの人生のBGMとしてTHE YELLOW MONKEYを仲間に入れてくれませんか? THE YELLOW MONKEYで音楽をやることが(僕らが)生まれてきた理由だと思います。このメンバーと一緒にバカなロックンロールをやっていくぜ」と今後もバンド活動を継続していくことを宣言。

 更に、「またここでやりたいぜ! 定期的に全国ツアーをしたい。聴きたい曲みんなまだあるでしょ? 小出しにして10年ぐらいやりたい」とツアー開催や新曲への創作活動に意欲をみせた。

 また、ドラムの菊地英二は終演後の客電(客席の照明)がついたところで「みんなに言われて嬉しい言葉があった。“生きてて良かった”というやつ、俺も生きてて良かった、生まれてきて良かった」と語り、THE YELLOW MONKEYとしてこの地に立ったことを感謝している様子だった。

 THE YELLOW MONKEYは1988年に結成。1992年にメジャーデビュー。「悲しきASIAN BOY」や「太陽が燃えている」「JAM」「楽園」「LOVE LOVE SHOW」などのヒット曲を世に送り出し、2001年1月に活動停止、2004年7月に解散した。今年1月には“再集結”を発、15年ぶりに活動を再開することに注目が集まった。(取材・村上順一)

■今後のツアー日程

7月16日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
7月17日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
7月26日(火) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
7月27日(水) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
9月10日(土) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
9月11日(日) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

<THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -YOKOHAMA SPECIAL->
8月2日(火) 神奈川・横浜アリーナ
8月3日(水) 神奈川・横浜アリーナ

<THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 SPECIAL -ARE YOU A BELIEVER?->
8月27日(土) 福島・あづま総合体育館
8月28日(日) 福島・あづま総合体育館

最終更新:7月11日(月)4時51分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。