ここから本文です

鳥栖-神戸 鳥栖・鎌田躍動、全得点絡む

佐賀新聞 7月10日(日)12時11分配信

■課題の攻撃力上向く

 攻守で明暗が分かれたものの、負けなかったことが何よりの収穫だった。鳥栖は攻撃陣が奮起して2試合続けて複数得点。守備陣が持ちこたえることができず引き分けたものの、フィッカデンティ監督は「タフな試合になったが、強い相手から勝ち点を持ち帰ることができる」と前を向いた。

 この試合、強力な相手2トップに仕事をさせないため、トップ下を2枚に増やしたシステムで臨んだ鳥栖。前線への供給源になるボランチを消し、先制を許しはしたが「そこで崩れずに踏ん張れた」(フィッカデンティ監督)ことが、MF金民友の同点弾を生んだ。

 これで勢いに乗り、後半開始29秒にはMF鎌田が勝ち越しゴール。13分の鎌田のシュートは相手GKの好セーブで得点にはつながらなかったものの、無得点試合が続いた第1ステージでは見られなかった攻撃力の向上を示した。

 一方で、今季初めてとなる2戦続けての複数失点が、連勝を消してしまったのも事実。DF谷口は「前が2点取ってくれたんだから、後ろは守り切らなきゃ」と猛省した。

 ただ、「選手たちは避けられる失点と感じている」とフィッカデンティ監督。修正点は明確と落ち込んではいない。降格圏に沈むチームが足踏みしたことで順位は13位。DF藤田は「年間で考えると(勝ち点)1ずつ積み上げることも大切」と強調する。

 14位湘南、16位名古屋との中3日の連戦に向け、鎌田は「連戦でしんどいけど、みんなで勝ちを狙いに行く」ときっぱり。下位チームを突き放し、自分たちの手で浮上のきっかけをつかみ取る。

最終更新:7月10日(日)12時11分

佐賀新聞

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]