ここから本文です

エルベール/マウがフランス対決を制して初優勝 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/10(日) 3:04配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子ダブルス決勝で、第1シードのピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(ともにフランス)がジュリアン・ベネトー/エドゥアール・ロジェ バセラン(ともにフランス)を6-4 7-6(1) 6-3で破り、2度目のグランドスラム制覇を達成した。試合時間は1時間17分。

セレナがケルバーに全豪での雪辱を果たし、グラフに並ぶグランドスラム22勝目 [ウィンブルドン]

 グランドスラムのダブルスでフランス人ペア同士が決勝で対戦するのは、オープン化以降では今回が初めてだった。

 昨年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)でグランドスラム初優勝を果たしたエルベール/マウは、今シーズンは3月から4月にかけてインディアンウェルズとマイアミ(ともにATP1000/ハードコート)、モンテカルロ(ATP1000/クレーコート)でマスターズ大会3連勝。マウは6月6日付の世界ランクで1位の座についている。

 マウとエルベールはシングルス3回戦で対戦し、マウが7-6(5) 6-4 3-6 6-3で勝利。4回戦ではサム・クエリー(アメリカ)に4-6 6-7(5) 4-6で敗れていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 09: Nicolas Mahut of France (R) and Pierre-Hugues Herbert of France (L) hold their trophies following victory in the Men's Doubles Final against Julien Benneteau of France and Edouard Roger-Vasselin of France on day twelve of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 9, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7/10(日) 3:04

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]