ここから本文です

ドルトムントのワンダーボーイ、デビューから3分で初ゴールを記録 指揮官「クオリティを見せてくれた」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月10日(日)10時0分配信

ローデもデビュー

8日、ドルトムントがエアケンシュビックとテストマッチを行った。

この試合一人の新加入選手が輝きを放った。レンヌから加入したMFオスマン・デンベレだ。ドルトムントデビューとなった同選手は開始3分で初ゴールを記録し、その才能を見せつけている。指揮官のトーマス・トゥヘル監督もデンベレの活躍に満足しているようだ。独『Bild』がコメントを伝えた。

「彼は素晴らしい活躍をしてくれたね。厳しいトレーニングのあとだったし、このような結果は期待していなかった。彼は自身のクオリティを見せつけたね」

弱冠19歳の若武者が戦力として計算できることを示したのは多くの主力選手が去ったチームにとって大きな意味を持つはずだ。なお、試合はドルトムントが5-2で勝利し、バイエルンから移籍してきたセバスティアン・ローデもこの試合でデビューを果たしている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月10日(日)10時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。