ここから本文です

全ドア開いた状態で客乗車 運転士腹痛で電車離れ… 東武野田線

千葉日報オンライン 7月10日(日)13時54分配信

 千葉県柏市末広町1の東武野田線柏駅で9日午前5時5分ごろ、、柏発大宮行き上り始発電車(6両編成)の男性運転士(48)がホームと反対側のドアを閉め忘れ、同電車の全てのドアが開いたまま客が乗車するトラブルがあった。発車前に別の乗務員が気付いたため、乗客約40人に線路への転落やけがはなかった。

 同社によると、運転士は同4時50分ごろ、運転準備のため、同電車の線路側のドアを開放。腹痛のためドアを開けたまま電車を離れた間に、男性車掌(42)がホーム側のドアを開けて客を乗車させたという。

 同電車は約1分半の間、全てのドアが空いた状態となり、同社は「全乗務員に対し基準作業の徹底を指導する」とコメントした。

最終更新:7月10日(日)13時54分

千葉日報オンライン