ここから本文です

ウイリアムズ姉妹が6度目の優勝、セレナは単複2冠 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/10(日) 8:00配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子ダブルス決勝で、セレナとビーナスのウイリアムズ姉妹(アメリカ)が第5シードのティメア・バボス(ハンガリー)/ヤロスラーワ・シュウェドワ(カザフスタン)を6-3 6-4で破り、4年ぶりの優勝を飾った。試合時間は1時間27分。

セレナがケルバーを破り、グラフに並ぶグランドスラム22勝目 [ウィンブルドン]

 妹のセレナはこの日行われたシングルス決勝で第4シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を7-5 6-3で下して大会連覇を果たしており、単複2冠を達成した。

 姉のビーナスはシングルスでは2010年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)以来となるグランドスラムの準決勝に進出し、ケルバーに4-6 4-6で敗れていた。

 ウイリアムズ姉妹はウィンブルドンのダブルスで通算6勝目となるが、ダブルスを制した年は姉妹のいずれかがシングルスでも優勝。2000年、08年はビーナスが、2002年、09年、12年、16年がセレナが単複制覇を果たしている。グランドスラムのダブルスでは通算14度目のタイトル獲得となった。

 バボス/シュウェドワは2回戦で予選勝者の青山修子(近藤乳業)/二宮真琴(橋本総業)を6-1 6-3で破ったあと、準々決勝では前年優勝ペアで第1シードのマルチナ・ヒンギス(スイス)/サーニャ・ミルザ(インド)を6-2 6-4で倒していた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 09: Venus Williams of The United States and Serena Williams of The United States celebrate victory in the Ladies Doubles Final against Timea Babos of Hungary and Yaroslava Shvedova of Kazakhstan on day twelve of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 9, 2016 in London, England. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:7/10(日) 8:00

THE TENNIS DAILY