ここから本文です

北海道釧路地方で1時間80ミリの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報

ウェザーマップ 7月10日(日)14時32分配信

 上空に寒気を伴った低気圧が通過しているため、北海道は大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雨雲が発達している。10日午後2時までの1時間に、白糠町北部付近で約80ミリの猛烈な雨が降ったとして、釧路地方気象台は記録的短時間大雨情報を発表した。
 
 記録的短時間大雨情報とは、その地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表するもの。

 北海道太平洋側東部とオホーツク海側では、今夜にかけて非常に激しい雨が雷を伴って断続的に降る見込み。大雨による低地の浸水に警戒するとともに、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうにも注意が必要だ。なお、6月16日に発生した地震で揺れの大きかった地域では、地盤の緩んでいる所があるため土砂災害に注意が必要となる。

最終更新:7月10日(日)14時32分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。