ここから本文です

糖尿病の子ども助ける介助ロボット、オランダで開発

AFPBB News 7月10日(日)11時38分配信

(c)AFPBB News

【7月10日 AFP】糖尿病で苦しむ子どもたちを手助けするロボット「チャーリー(Charlie)」が、オランダで開発された。利用者や開発者によれば、食事に含まれる炭水化物量の計算や血糖値の測定を補助したり、落ち込んだ時に気持ちを表現する場を提供したりすることで、チャーリーは子どもたちが病気と向き合う手助けをしているという。6月28日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7月14日(木)10時44分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。