ここから本文です

【MLB】上原浩治が“日替わり守護神”で4セーブ目! キンブレル膝手術で長期離脱

Full-Count 7月10日(日)8時6分配信

「新加入ジグラーと上原にチャンスが与えられる」と地元メディア

 レッドソックス上原浩治投手は9日(日本時間10日)、地元でのレイズ戦に登板し、今季4セーブ目を挙げた。この日は守護神キンブレルが左膝手術のため長期離脱が決定。試合前、上原と新加入ジグラーを日替わりで守護神として起用するとファレル監督が語ったと、複数の米メディアが報じていた。

日本人メジャー歴代セーブ数ランキング

 ア・リーグ東地区首位を争うレッドソックスに衝撃が襲った。今季17セーブを挙げている守護神キンブレルが左膝内側半月板を断裂し、手術を受けるために3?6週間、長期離脱することになった。キンブレルは8日の打撃練習中に球拾いをしている時に膝を怪我したという。球団公式サイトが伝えている。

 新加入のジグラーとともに“日替わり守護神”に指名された上原は、この日早速4-1と3点リードの9回にマウンドに立った。先頭ロンゴリアにレフト前ヒットを許したが、続くモリソンを遊撃ゴロに仕留めると、ソーザを見逃し三振、ディッカーソンを空振り三振に斬って試合終了。マウンド上で小さくガッツポーズした。

 前日に続く2試合連続となる今季4セーブ目を記録。チームは地区首位オリオールズに1.5ゲーム差に迫る2位につけている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月10日(日)9時7分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。