ここから本文です

福岡市でRe:サガミーティング 佐賀のつながり大切に

佐賀新聞 7月10日(日)15時17分配信

知事、県出身学生に訴え

 次世代を担う人材を佐賀に呼び戻そうと、佐賀の魅力や佐賀県の取り組みなどを紹介するイベント「Re:サガミーティング」(県主催)が9日夜、福岡市のホテルで開かれた。福岡県内の大学に通う佐賀県出身の学生ら約170人に対し山口祥義知事が「佐賀は人が主役の町。これからも佐賀とのつながりを大切にしてほしい」と呼び掛けた。

 山口知事は、県出身者の地元への愛着度が向上してきていると紹介。創業400年を記念した新しい有田焼の創造やアニメキャラとのコラボなど佐賀の魅力を再発見し、佐賀に誇りを感じてもらう取り組みを強化していると述べた。子育てしやすい環境づくりや働く場の確保を進める政策にも触れ「ものづくりと人づくりを大切にしている」と佐賀で働き、暮らすことを考えてもらうよう訴えた。

 基山町出身のお笑いコンビ「どぶろっく」も駆け付けて会場を沸かせた。乾杯の音頭をとった大学生村井玲勇さん(20)と光武香保さん(21)は「一緒に佐賀を盛り上げましょう」と声を上げた。2年目となるイベントは東京、大阪、名古屋、福岡の4都市で計6回開く。今後の日程・定員は次の通り。

 【東京】8月27日、ANAインターコンチネンタルホテル東京(学生対象、200人)▽9月3日、スターライズタワー(社会人ら対象、200人)【福岡】10月8日、西鉄グランドホテル(社会人ら対象、200人)【名古屋】11月12日、ヒルトン名古屋(80人)【大阪】12月10日、ANAクラウンプラザホテル大阪(150人)

最終更新:7月10日(日)15時30分

佐賀新聞