ここから本文です

ポタポワがヤストランスカを下して優勝 [ウィンブルドン・ジュニア]

THE TENNIS DAILY 7月10日(日)9時0分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)のジュニアの部の女子シングルス決勝は、第4シードのアナスタシア・ポタポワ(ロシア)が第7シードのディアナ・ヤストランスカ(ウクライナ)を6-4 6-3で下して優勝を飾った。試合時間は1時間38分。

相川真侑花のダブルスは第3シードに敗れて8強入りならず [ウィンブルドン・ジュニア]

 ポタポワは14歳のときに初挑戦した昨年の大会では準々決勝に進出し、優勝したソフィア・ジューク(ロシア)に4-6 3-6で敗退。同年の全米オープン・ジュニアではアンナ・カリンスカヤ(ロシア)とのダブルスで準優勝を果たしている。シングルスでは1ヵ月前の全仏オープン・ジュニアでの準決勝進出が、これまでの最高成績だった。

 ポタポワはオレーシャ・ペルブシナ(ロシア)とのペアで第1シードで出場しているダブルスの準決勝も戦ったが、ウスエ マイタネ・アルコナーダ/クレア・リュー(ともにアメリカ)に5-7 4-6で敗れて決勝進出を逃している。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア女子シングルス決勝】

○48アナスタシア・ポタポワ(ロシア)[4] 6-4 6-3 ●32ディアナ・ヤストランスカ(ウクライナ)[7]

--------------------

【ジュニア男子ダブルス準決勝】

○1フェリックス・オーガー アリアシム/デニス・シャポバロフ(カナダ)[1] 7-6(1) 3-6 6-3 ●9ミオミール・ケマノビッチ/キャスパー・ルード(セルビア/ノルウェー)[3]

○32ケネス・ライスマ/ステファノス・ツィツィパス(エストニア/ギリシャ)[2] 7-6(5) 7-6(7) ●24ベンジャミン・シグイン/ルイス・べッセルス(カナダ/ドイツ)[4]

--------------------

【ジュニア女子ダブルス準決勝】

○9ウスエ マイタネ・アルコナーダ/クレア・リュー(アメリカ)[4] 7-5 6-4 ●1オレーシャ・ペルブシナ/アナスタシア・ポタポワ(ロシア)[1]

○28マリアム・ボルクヴァゼ/キャティ・マクナリー(グルジア/アメリカ)6-1 6-3 ●24カヤ・ジュバン/イガ・スウィアーテック(スロベニア/ポーランド)[3]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 09: Anastasia Potapova of Russia (R) celebrates victory following the Girl's Singles Final against Dayana Yastremska of Ukraine (L) on day twelve of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 9, 2016 in London, England. (Photo by Jordan Mansfield/Getty Images)

最終更新:7月10日(日)9時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。