ここから本文です

新シーズンのミランはポゼッションサッカー志向か モントリーヴォ「モンテッラのゲームプランはクリアなもの」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月10日(日)12時20分配信

新指揮官の印象が良いと語る

2016-17シーズンへ向けて始動したミランは、新指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラのコンセプトを取り入れようとトレーニングを開始している。近年のミランはクラブの名にふさわしい成績を残せていないだけに、フィオレンティーナなどで結果を出してきたモンテッラの下で欧州カップ戦出場権を獲得できるところまでは復帰したいところだ。

チームも上手く集中できているようで、伊『Milan TV』によるとMFリカルド・モントリーヴォはモンテッラの第一印象が非常に良かったとコメントし、同指揮官のコンセプトを吸収しようとチームが良い形でトレーニングに入れていることをアピールした。

「モンテッラの第一印象はとてもポジティブなものだったよ。チームは彼のコンセプトを理解しようとしているんだ。プレシーズンのトレーニングはタフになるだろうけど、チームは監督のリクエストによく応えている。モンテッラは常に選手のベストを引き出し、良いプレイをするチームを作ってきた。彼のゲームプランはクリアなものだと思う。選手個々の役割にかかわらず、ポゼッションを高め、相手がボールを持った場合はチェイスするんだ。今の目的はチームスピリットを作ることだ。昨季は一貫性に欠けていたと思っているからね」

モンテッラはフィオレンティーナでもポゼッション率を高めるスタイルで戦っており、ミランでも変わらないだろう。それは2015-16シーズンのミランには見られなかった形で、選手たちは全く違うチャレンジをしていくことになる。チームの大黒柱であるモントリーヴォの第一印象はよかったようだが、モンテッラの下でチームは変われるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月10日(日)12時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報