ここから本文です

SB大隣が約1年ぶりの先発登板へ 「不安よりも楽しみの方が大きい」

Full-Count 7/10(日) 9:57配信

フォームの「間合い」に手応え、「それが自分の持ち味」

 ソフトバンクは10日の楽天戦に大隣憲司を先発させる。大隣は、2014年7月に難病の黄色靭帯骨化症から復活。昨季は開幕ローテに入りながら6月に左肘の故障でチームを離れ、手術に踏み切った。

【動画】中日・森野から外角低めのストレートで見逃し三振を奪ったソフトバンク・大隣

 大隣にとっては昨年6月9日の阪神戦以来、397日ぶりの1軍マウンド。久々の1軍復帰にあたって大隣自身が手応えを感じているのが「フォームの間合い」だという。

「バッターがズレを感じるような間合い。それが自分の持ち味だし、それがまっすぐのキレやチェンジアップの抜けにつながる。2軍の最後の方の数試合でそういう間合いが出だしたので(1軍登板の)準備はできたと思う。不安よりも楽しみの方が大きい。やることはすべてやってきたので、あとは1軍のマウンドでそれをどう出せるかだけ」

楽天打線を警戒「自分自身も粘り強く投げないといけない」

 8日、同じ左腕の和田毅が戦った楽天打線に対し「逆方向への意識もあるし、粘り強さがある」と語る。

「その分、自分自身も粘り強く投げないといけない。長いイニングというより、一人ひとり切っていく意識で投げたい。機動力もあるので、無駄な四球を出さないように」

 6月30日には広島との2軍戦で9回途中134球を投げるなど、スタミナ面の問題はない。2014年シーズン途中に復帰してチームを日本一まで導いた左腕が、再び復活のマウンドに上がる。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:7/10(日) 10:21

Full-Count