ここから本文です

巨人に15歳で練習生として入団 台湾人左腕リー・イーフォンの今

Full-Count 7/10(日) 10:20配信

08~11年に巨人に所属の台湾人左腕、「30歳までは野球をやりたい」

 今シーズン、プロ野球では4月に西武ライオンズ、6月には阪神タイガースで「台湾デー」が行われた。現在のNPBでは台湾人選手が所属する球団も多く、日本球界での活躍も目立つ。一方で、かつて日本の球団に在籍していた台湾人選手は、現在どのような生活をしているのだろうか。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 左腕のリー・イーフォン投手は2008年、台湾・台中の中学校を卒業後、15歳で練習生として巨人に入団。しかし、日本で一度も登板することはなく、入団から3年後の2011年に戦力外通告を受けた。現在、台湾・台北の社会人強豪チーム、トプコ・ファルコンズでプレーしていると聞き、台北を訪れた。

 台北市内にある松山空港に近い基隆河の河川敷で、トプコ・ファルコンズの練習試合は行われていた。リー・イーフォン選手に声をかけると、流暢な日本語が返ってきた。巨人の元チームメートとは今でも仲が良く、連絡を取り合っており、日本語も忘れないように勉強しているそうだ。そんなリー・イーフォン選手に、日本での生活のこと、巨人退団後のことを聞いてみた。

――15歳で巨人に入団し、大変だったことは何ですか?

「日本語が話せないまま入団したので、チームメートとのコミュニケーションが一番大変でしたが、先輩たちが優しくて、よく面倒を見てくれたので、困ったことはありませんでした。2年目からは、だいぶ言葉がわかるようになりましたが、巨人にいた3年間で一番勉強したのは日本語です」

――日本での生活はどうでしたか?

「ずっと怪我をしていたので、野球は思うように出来ず、台湾に帰ってきました」

西武・郭俊麟は中学校の先輩、「日本語を教えています」

――巨人を戦力外になってからはどうしましたか?

「台湾に帰ってきて半年間休んでから、中学の同級生に紹介してもらった、トプコ・ファルコンズのテストを受けました。1年半、チームで野球をやった後、実家のある台中に戻り、台中のチームに移籍しました。その後、兵役に1年間就きましたが、兵役中の選手が所属するチームで野球を続けていました。除隊後、再びトプコ・ファルコンズに戻ってきました」

――今後の目標は何ですか?

「トプコ・ファルコンズはプロへの加盟を目指しています。チームがプロに加盟したら、このチームでプロの選手として野球を続けたいと思っています。台湾ではかつて八百長事件があり、野球の人気が低迷しましたが、今は人気が復活してきました。このチームは、みんな仲が良く、会社も野球に対して手厚く支援してくれるので、とても恵まれた環境だと思います」

――日本の野球は気になりますか?

「西武ライオンズの郭俊麟投手は中学校の先輩なので、西武ライオンズの試合はよく見ています。郭俊麟投手が台湾に帰ってきたときは、一緒にご飯を食べに行って、僕が日本語を教えています。とてもまじめな人なので、一生懸命勉強していますよ。日本ハムファイターズの陽岱鋼選手は、台湾ではすごく有名で人気があります」

 6月21日から、巨人の3軍が台湾遠征を行った。仲のいい選手から連絡があったそうだが、トプコ・ファルコンズは6月17日からの日本遠征ですれ違いになり、数年ぶりの再会が果たせず残念そうだった。「30歳までは野球をやりたい」と話すリー・イーフォン選手はまだ23歳。今後、台湾プロ野球でプレーする姿が見られるか、楽しみだ。

篠崎有理枝●文 text by Yurie Shinozaki

最終更新:7/10(日) 10:46

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。