ここから本文です

格差の縮小などを願い投票、参院選

AFPBB News 7/10(日) 16:25配信

(c)AFPBB News

【7月10日 AFP】参院選の投票が10日午前7時から行われている。

 年金を受給している85歳の男性は、「誰が当選しても何も変わらない。選挙にはあまり期待していない」と話した。23歳の大学院生は「特に若い世代の貧富の格差を小さくするよう、政治家にはもっと頑張ってほしい」と語った。

 安倍晋三(Shinzo Abe)首相は、連立与党と小政党の保守系タカ派議員が参議院で3分の2以上の議席を占め、憲法改正の発議が可能になることを望んでいる。

 憲法は戦争放棄を定めているが、ナショナリストらはこれを第2次世界大戦(World War II)の日本敗北の遺物であり嘆かわしいと考えている。それでも多くの日本人は憲法の平和主義的な理想を堅く信奉している。

 今回は選挙権が得られる年齢が20歳から18歳に引き下げられてから初めて行われる参院選だが、この年齢層の有権者がどのような投票行動を取るかはまだ分からない。

 投票は午後8時に締め切られる。映像は東京都新宿区の投票所。10日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7/11(月) 16:08

AFPBB News