ここから本文です

【高校野球】早実・清宮が高校通算51号! 今夏初スイングで西東京大会1号アーチ

Full-Count 7/10(日) 10:36配信

2度目の夏を迎えた清宮がいきなり1発、チームは5回コールド勝ち

 早稲田実業高(西東京)の清宮幸太郎内野手(2年)が、今大会1号アーチを放ち、高校通算51本塁打とした。10日に行われた西東京大会2回戦の啓明学園戦(ダイワハウススタジアム八王子)に「3番・一塁」で先発出場。この日、唯一のスイングで答えを出した。試合は早実が11-1で5回コールド勝ちした。

 一身に集まる期待と注目に一発回答した。2-1で迎えた3回に先頭打者として打席へ向かった清宮は、1ボールからの2球目外角低めの球を軽くスイングした。弧を描きながらライトへ飛んだ打球はポール横に飛び込み、西東京大会1号弾となった。初回の第1打席では、一度もバットを振らずにカウント3-2から6球目で四球を選択。この夏、初めてのスイングで本塁打を運ぶ怪物ぶりを見せつけた。この回再び回ってきた第3打席ではストレートの四球で出塁した。

 清宮の1発で早実打線に火が着き、結果は11-1で5回コールド勝ち。注目のスラッガーが、初本塁打に加えて3打席3出塁という満点スタートで甲子園への道を踏み出した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/10(日) 10:36

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]