ここから本文です

ウィンブルドン公式タオル 過去最高の販売本数を突破<テニス>

tennis365.net 7月10日(日)12時5分配信

ウィンブルドン

7月10日に大会最終日を迎えるシーズン3大会目のグランドスラム、ウインブルドン(イギリス、ロンドン/芝)。1年間かけてこの大会のために整備されてきたグラスコートでの熱戦が幕を閉じようとしている。

決勝戦 マレーvsラオニチ 1ポイント速報

9日に行われた女子シングルス決勝は第1シードのS・ウィリアムスが第4シードのA・ケルバー(ドイツ)を7-5, 6-3で下して2年連続7度目の優勝を飾った。

最終日に行われる男子シングルス決勝は、3年ぶり2度目の優勝を狙う第2シードのA・マレー(英国)とグランドスラム初優勝の期待がかかる第6シードのM・ラオニチ(カナダ)が対戦する。

今年、130周年を迎えたこの伝統と格式を重んじる大会の特徴の1つが、選手が白を基調としたウエアを着用すること。そして大会の名物の1つが、選手が使用しているウィンブルドンのオフィシャルタオルだ。

このオフィシャルタオルはイギリスで150年の歴史を持ち、かつてはイギリス王室に納められていた「クリスティ社」製で、厚手で柔らかく使用感の良さが特徴。

多くの出場選手が試合後に持ち帰ることでも有名である。

男子選手はウィンブルドンカラーのパープルとグリーンが基調で、女子選手が使用するのは鮮やかなラズベリーとブルーのデザインとなっている。

tennis365.netは日本国内で唯一、ウィンブルドンと提携して正規販売を行っており、今年の販売数は例年の2倍を優に超える1,000本以上と過去最高。既に初回入荷分は完売し、現在予約注文を受け付けている。

tennis365.net

最終更新:7月10日(日)12時5分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]