ここから本文です

ドルトムントは買い物上手 EUROで価値高騰のSBへの出費はわずか13億円

theWORLD(ザ・ワールド) 7/10(日) 18:30配信

「EURO開幕前から高く評価していた」

ドルトムントはEUROで価値が上がっている選手を大会前に確保できた数少ないクラブだ。

その選手の一人と考えられているのがポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロだ。EUROが開幕して間もない6月16日、ドルトムントはロリアンからわずか1200万ユーロ(約13億円)で同選手を獲得した。その後、ゲレイロはポルトガル代表のサイドバックとして存在感を示し、準決勝ではクリスティアーノ・ロナウドの先制点をアシストしている。

もし、ドルトムントが早々に獲得を決めていなければ、大会後マネーゲームが繰り広げられていたのは確実で、これほどの出費に抑えられたのはドルトムントの手腕以外の何物でもない。クラブのSDを務めるミヒャエル・ツォルク氏も独『Bild』で喜びをあらわにしている。

「我々はEUROが始まる前からゲレイロを高く評価していた。だから早々に獲得できて喜んでいるよ。彼の素晴らしさに他のクラブが気づく前にね」

今夏有望な若手選手を次々と獲得したドルトムント。その中でもゲレイロはワールドクラスへと成長する可能性を見せつけており、ドルトムントにとっては頼もしい存在になるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/10(日) 18:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]