ここから本文です

【高校野球】千葉大会を徹底分析、前評判を覆すような夏になるか

Full-Count 7/10(日) 17:23配信

 6月17日に組み合わせが決まった第98回千葉大会。木更津総合vs銚子商・柏南の勝者がぶつかることが注目される今大会だが、よく見ると、序盤から見逃せないカードが多く、波乱が起きるのではないかというトーナメントになっている。参加校170校と参加校が多く、どれが見所なのか分からない方に今年の注目カードを紹介したい。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

成田・国分ブロック、夏に強い習志野がカギ

 攻守ともに総合力が高い成田。昨秋からチーム力の高さが光っていたが、ミスが多く、取りこぼしが多かった。だが一冬で技術、精神力ともに磨き上げ、県内上位のチームに成長。春はベスト4入りを果たし、Aシードとしてスタートする。初戦の相手は千葉日大一vs八街の勝者と対戦。春季大会で見せた盤石な試合運びで勝ち上がることができるか注目をしていきたい。

 千葉日大一は1年生から登板を経験している吉崎圭亮に注目だ。さらに同ブロックには、早稲田実業との練習試合で打撃戦を演じた佐倉、伝統校・成東、打線が良い津田沼、好投手・立木夏蘭擁する土気と地味ながら実力ある公立が多いのがこのブロックの特徴だ。

 ノーシードの日体大柏は、九十九里と対戦。またノーシードに回った習志野は多古vs生浜の勝者と対戦と、初戦から厳しい戦いが強いられそうだ。習志野は、エース・並河啓太、左の強打者・内山京祐、俊足巧打の外野手・加藤駿、勝負強い右打者・吉野海都(2年)と選手層は厚く、また1年生が入ったことで、戦力はより強化されていくだろう。

 またCシードの国分も同ブロックであり、前半から激しい戦いが見られそうだ。昨夏はCシードながら決勝まで勝ち進んだ習志野はやはり怖い存在。このブロックのカギを握る存在になるだろう。

千葉敬愛・学館浦安ブロック、ノーシードで怖いのは…

 またCシードの千葉敬愛は小金vs市川の勝者と対戦。千葉敬愛はエース・石松卓己が伸びのある直球を武器にする好投手。また石松は打撃も良く、一発を打つ長打力も秘める。市川はブロック予選で東海大浦安に打撃戦(試合レポート)を演じて勝利したように、打力は高い。カギとなるのは強打の三塁手・宮村友也や長打力に磨きがかかった宍倉泰地だろう。

 一気に畳みかける攻撃で上位を目指したいBシードの東京学館浦安は、船橋二和と市立柏の勝者と対戦。強打者・高橋聖人の打撃がカギ。さらに投手陣の駒数は豊富であり、うまく乗り切って勝ち切っていきたい。

 市立柏は打力のある渡辺剛志を中心とした打線がウリ。投手力を整備して、勝ち進んでいきたい。また同ブロックには、昨秋、東海大浦安、松戸国際等を破って県大会に出場している松戸馬橋、隣の山を見ると、夏に向けて力をつけてくる大多喜、敬愛学園も同ブロックで、なかなか見逃せないカードとなっている。

 Bシードの千葉明徳は市原八幡と鶴舞桜ヶ丘の勝者と対戦。千葉明徳は攻撃力も高く、さらに継投策でうまく勝ち上がっていけるチームで、自分のペースで試合運びできるか。同ブロックには140キロ右腕・伊藤翔など能力が高い選手が揃う横芝敬愛。順当にいけば3回戦で当たる予定で、前半戦の見所になりそうだ。

 Cシードの中央学院はエース・浅野辰樹など昨夏の経験者が多いということ、さらに夏へ向けてしっかりと戦力を整理するチームなので、この夏も怖いチームになることは間違いない。また同ブロックには近年、強化を始めた暁星国際、東京学館船橋も同ブロックで、これもまた注目だ。

1/3ページ

最終更新:7/10(日) 17:25

Full-Count