ここから本文です

日ハム中田が7回に気迫のタイムリー、1点差に迫る

Full-Count 7/10(日) 17:39配信

7回1死一、二塁の好機でタイムリー

 日本ハムの中田翔内野手が10日のロッテ戦(札幌ドーム)で気迫のタイムリーを放った。

 5点を追う7回1死一塁で岡が追撃の1号2ラン。続く西川、中島、陽岱鋼の3連打で2点差。同1死一、二塁のチャンスで打席に入った。2番手右腕・大谷に簡単に2球で追い込まれたが、1ボール2ストライクからの4球目。外角低めに沈むカーブを右手一本で拾って左前へ。二塁走者・中島が生還するタイムリーで1点差に迫った。一塁ベース上では右手にガッツポーズを作った。

 中田のタイムリーは6月20日のDeNA戦(横浜)以来10試合ぶり。悩める4番の意地の一打を球団記録の14連勝につなげることができるか。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/10(日) 17:45

Full-Count